こんにちわ
花です。

ここでは、
ドイツのスキー場について記しています。

  • ドイツでスキー滑ってみたい!
  • ドイツに住んでて、日帰りでスキー楽しみたい!
  • ドイツの雪山ってどこにあるの?
  • スキーができるシーズンは?

みたいな人に向けて
ドイツ全土のスキー場について書いてます。

ドイツでスキーができるのは大きく5箇所

ドイツのスキー場

  • ①ハルツ Harz
  • ②エルツゲビルゲ Erzgebirge
  • ③シュヴァルツヴァルト Schwarzwald
  • ④アルゴイ Allgäu
  • ⑤バイエリッシャー・ヴァルト Bayerischer Wald

有名どころはこの5つです。

スキー初心者
主要都市の近くのゲレンデだと・・・

  • ミュンヘンの近くのGletscher
  • フランクフルトから近いRhön
  • ストゥットガルトにあるSchwäbische Alb
  • デュッセルドルフから近いSauerland

(ただ、デュッセルドルフからだとオーバーストドルフやガルミッシュ、パルテンキルヒェンの方がオススメです)

あとほかにも

・Fichtelgebirge
・Frankenwald
・Rhön
・Thüringer Wald

の4箇所、マイナーだけどスキーができる所があります。

ドイツで人気のスキー場5箇所について

ドイツで人気ゲレンデの5箇所を順番に説明していきますね。

①ハルツ Harzのスキー場

スキー場でご飯
ブロッケン山って呼んだりハルツって待ちの名前で呼ばれたりするスキーのエリアです。

ライブカメラで雪の量をチェックしてから行ってくださいね↓
https://www.wetter.com/hd-live-webcams
Sauerlandスキー場

北ドイツにはここしかスキーする場所がないんですが、ほかのスキー場に比べると小さめ(日本からすれば十分広いですが)で雪は少なめ(標高が低いから)1月と2月しかスキーは楽しめません。

今年は大雪だったので、12月から楽しめたっぽいです。

毎年、積雪量に左右されるスポットなので、日本からわざわざ旅行で行くのにオススメはしません

ハルツ地方のゲレンデは10箇所

どれもリフト3台とかで小さいので、初心者しか楽しめないかな?って感じです。

②エルツゲビルゲ Erzgebirgeのスキー場

スキー場
ドレスデンから車で1時間半のスキー場。

ウェブカメラ>>

昔はここの地域でオリンピックをやってたり、プロの人が好んで滑るスキーの聖地。
そこまで大きくないですが、歴史のあるスキー場です。
Erzgebirgeスキー場
エルツゲビルでの観光局のページ>>

エルツゲビルゲのゲレンデは19箇所

↑ここ以外にもたくさん滑れるポイントがありますが、エルツゲビルゲも小さめなので、現地に住んでる人が日帰りで行くならオススメです。

③シュヴァルツヴァルトのスキー場

スキーリフト
ドイツが誇る黒い森。

スイスとフランスの国境近くにあって、ドイツの中では標高が高いので雪質がいいです。

シュヴァルツヴァルトのウェブカメラ↓
https://www.hochschwarzwald.de/Webcams-Wetter

schwarzwaldskikarte黒い森の観光局のページ>>

シュヴァルツヴァルトは22箇所のゲレンデがあります

(残念ながら周遊は不可能で、全部単品で繋がってないです)

黒い森は南北にとてつもなく長いので、

カールスーエ
ストラスブルク(仏)
フライブルク
バーセル(瑞)

のどこから入るかでゲレンデが違ってきます。

④アルゴイ(ドイツ最大のスキー場)

スキーリフト
アルゴイがドイツでは一番大きなスキー場になります。
アルゴイのwebカメラ↓
https://www.bergfex.de/sommer/allgaeu/webcams/


アルゴイの観光局のページ>>

120キロ超の超巨大スキー場で、初心者コースも上級者コースもかなり充実してます。

アルゴイのゲレンデは61箇所

オーストリアとの国境沿いで、アルプス山脈の一部がアルゴイなので、標高が高く雪質最高です。

⑤バイエリッシャー・ヴァルトのスキー場

スキー場
南ドイツから気軽に行けるスキー場
ウェブカメラ↓
https://www.bayerischer-wald.de/Info-Service/Wetter-und-Webcams

bayerischer Wald
積雪量の多い年は楽しめますが、雪が少なくて滑れないことも多いのでwebカメラの情報を頼りに行くのが得策。

バイエリッシャー・ヴァルトは全部で28箇所

  • Großer Arber
  • Geißkopf
  • Pröller Skidreieck
  • Hohenbogen
  • Langlaufzentrum Zwieslerwaldhaus
  • Pröller Skidreieck
  • Sankt Englmar
  • Skizentrum Mitterdorf

学校のスキー旅行とかでよく使われてるスキー場です。

ドイツでスキーをするなら

スキー場で休憩
このドイツのページ>>
にヨーロッパの雪山情報が全部載ってるので、このサイトで調べてから行くのが良いと思います。

私のオススメスキー場

スキー板
私が世界で一番オススメなお気に入りのスキー場はこの3つ

  • オーストリアのサンアントン(:St.Anton)
  • スイスのサンモリツ
  • イタリア ソルダ(独語:Soelden)

スイスは雪質がものすごくいいので、スキーするなら是非オススメです。
(10月から5月までずっと滑れるます)

一番好きなのがサンアントンなんですが、ここ全周20〜30kmあるので、1日では廻れないくらい巨大。

このサンアントン(St.Anton)はレヒっていうでかいスキー場ともとつながってて、
他にも

  • アールベルグ
  • シュトーベン
  • サンクリストル
  • バールト

みたいなデカめの他のスキー場とも繋がってるので超巨大なスキー場になってます。

レヒを拠点に滑るかサンアントンを拠点にすると、時間に縛られずに楽しめます。

今年はバールトを拠点に廻ったので、戻って来るリフトの営業時間10分前になんとか滑り込むギリギリ体験をしました。
迷子ったりしたので、朝8時〜夕方17時まで休憩0で滑りっぱなしでした。

初心者の人に快適なスキー場

タンハイマタールとプフロンテンがおすすめ

秋スキー場
人生初のスキーは、ドイツのタンハイマタール(アルゴイ地方)っていう所で滑ったんですが、リフト1つピスト2つの激狭ゲレンデでした。

2回目もドイツで、プフロンテンっていうスキー場で練習しました。

ドイツは標高が高くないので雪質がそんな良くないので、早朝から昼前くらいまでは最高ですが、午後はシャーベット場のベチャベチャ雪で滑るのが大変でした。

初心者の私にはどちらも大きく感じましたが、3回目で巨大スキー場サンアントンだったので、今となってはあの小さなゲレンデではもの足りないなって感じがします。

ドイツ人に人気のスキー場

サムナウンスキー場
私のオススメTOP3はもちろんドイツ人も憧れるスキー場なんですが、
他にもたくさんあるのでピックアップします。

  • イシュクル(Ischgl) オーストリア
  • パッツナウンタール オーストリア
  • サムナウン(スイス)
  • インタール(オーストリア)
  • フィンシュガウ(イタリア)
  • レシュンパス(オーストリアとイタリアにまたがる)

どこもそれぞれ素敵で楽しかったです。
スイスとイタリア国境
まだ行った事がないけど興味があるのは、

スイスのダボス、ヴェルビエ、ツェルマット
フランスのクールシュヴェル、ムジェーブ
イタリアのヴァル・ディゼール

です。

どこも5つ星以上のホテルがあるエリアで、金持ちが多いので滞在費は結構かかります。

高級スキーエリアで安く滑る裏技

ヨーロッパで一番金持ちが集まるサンモリツ(スイス)は、ヘリで乗り付ける人も多くいるくらい金持ちエリアなんですが、ホテルや民宿に泊まってる人は半額の34ユーロで1日滑り放題っていう裏技があります。

難点は宿泊日数分のチケットを買わされるので、毎日滑らない人にはお得じゃないです。

バケーション用の部屋を週単位で借りても、この割引スキーリフト券を発行してくれる所が多いのでオススメです。

隣町に泊まるのもお得!

無料バスで15分とかなのでそんなに不便じゃないし、サンモリスだと1泊3万円〜のところ、隣町なら二人で1万円で朝食ビュッフェ付き。

私はスキーは毎日朝〜昼まで滑って、午後はサウナ三昧が好きなので、サンモリスの隣のポントレシーナの高級ホテルに安く(1泊5千円とか)泊まる事が多いです。

ホテルをお得に予約できる裏技を使っていつも泊まってます。
(ホテルの事は別記事で詳しく書きますね)

ドイツでスキーができる季節や時期

ドイツで滑るなら日本と同じで1〜2月がオススメ。

9月のスイス雪山
↑9月のスイスの雪山

スイスのアルプスなら10月〜5月までスキーが楽しめますが、ドイツだと1〜2月しか雪が足りないので滑れません。

今年は積雪量が半端なかったのでどこのスキー場でも楽しめましたが、例年だと本当わずかな日数しか無理なので、わざわざ滑りにドイツ旅行するなら日程チェックは必須です。

スキー板やスノーシューズを持ってく?レンタル?

スノーボーダー
飛行機ってスキーの板やスノボなどスポーツ用品はスーツケースとは別で預けることが可能です。

ほとんどの航空会社でスキー用品は無料で預けれるんですが、お金がかかる場合もあるので先にチェックしてから航空券を買ってくださいね。

現地で借りるなら、スキー場のどこでもレンタルをやっています。

  • スキー板 20ユーロ
  • 靴 10ユーロ
  • ヘルメット5ユーロ

が基本です。

手袋やゴーグルなどかさばらないものは借りることもできるけど、家から持って行った方がいいと思います。

受付は8時頃からやってますが、返却は17時までなので、ギリギリまで遊んでると返せなくなって翌日までいないといけなくなるので要注意!
(容赦無く17時でお店が閉まるので)

リフト券はだいたい1日25ユーロくらいなので、日本の4分の1くらいの値段で楽しめます。

ドイツでスキーができる場所まとめ

まとめ

レンタルもリフト券も安くておすすめ

日本と比べるとスキーリフト券は安いし、ゲレンデは巨大で1日中飽きずに滑れる所が多いです。

雪が多い年だと10月〜滑れるので、ライブカメラでチェックして旅行するといいと思います。

ミュンヘンからスキーバスとかもでてるので、雪質最高のオーストリアやスイス方面で滑る事をオススメします。

ドイツのスキーがどんなものか、一度体験してみるといい思い出になるんじゃないかな?って思います。